配偶者控除を利用した相続税対策について

配偶者控除を利用した相続税対策というのがあります。
相続税において配偶者が優遇されたのと同じように贈与税においても一定の条件を満たすことによって配偶者が優遇される制度があるようです。
配偶者に対して居住用の財産を贈与した場合には2000万円まで贈与税が無税になる制度になります。
上手く利用すれば贈与税の基礎控除とあわせて2110万円まで贈与税が課税されないことになっていきます。
また、相続開始3年以内に贈与された財産はみなし相続財産となってしまいますが、この配偶者控除を受けた場合にはみなし相続財産とはならないとされているようです。
なお、相続税対策として配偶者控除を利用しようと考えても、配偶者控除利用にはいろいろな条件があるのでよく調べる必要があります。

http://koutu-kyusai.com/
交通事故被害者のお悩み解決いたします!!

http://saimu-ansin.com/
借金問題を解決していきましょう!

最新投稿